遮音性が高まる

壁

住宅の外観を大きく変えるのがエクステリアのリフォーム工事です。
エクステリアは住宅の敷地内にある全ての構造物を指し、外壁から駐車場、ガーデンなどあらゆる場所を指します。
これらをリフォーム工事を行うことで、住宅の機能やイメージを大きく変化させることができます。
もしエクステリアをリフォームするならば外壁塗装にも拘りたいところです。
住宅の外壁は雨風や紫外線などから住宅を守る役割だけでなく、住宅のイメージそのものを表しています。
このため外壁塗装によって古い住宅を新築同然に見せたり、他のエクステリアの構造物や町並みに合わせたデザインを実現することもできます。
更に外壁塗装によって住宅に遮音性や遮熱性、防汚性などの機能を追加することも可能で、見た目だけでなく暮らしやすさの向上にも役立ちます。

セラミック塗料は光触媒塗料や遮熱塗料などと並んで、最近注目を集めている塗料です。
その特性としてはまず耐熱性に強いことが挙げられます。
塗料の製造時に特殊なセラミックを混合させることで耐熱性を上げており、断熱セラミックとも呼ばれています。
また紫外線に強いのも特長の1つです。
塗料の中には紫外線によって劣化をする塗料があり、そういった塗料の場合はリフォーム工事をしても数年で再び塗り直す必要が生じますが、セラミック塗料は紫外線に強いため紫外線による劣化が無く、長期間の耐用年数を誇ります。
更に汚れにくいという防汚性を備えているのもセラミック塗料の利点です。
雨が降るだけで、表面の塗料の汚れを落としてくれる働きがあり、メンテナンス性のも良いため現在の外壁塗装におけるトレンドの1つがこのセラミック塗料です。